耳・鼻・のどのエキスパート!耳鼻咽喉科の総合情報サイト

>

こんな症状の場合どの診療科に受けるべき?

耳鼻咽喉科ではどんな治療が受けられる?

では耳鼻咽喉科では具体的にどのような症状を診療してもらえ、どんな治療が行われるのでしょうか。

耳鼻咽喉科は耳鼻科と治療内容が重なりますが、耳、鼻に加え、咽喉も専門に診察してくれます。
耳であれば外耳炎や中耳炎、耳鳴りなど、どんなささいなトラブルにも対応可能です。
洗浄や点耳薬、時には内服薬も併用して治療にあたりますし、単純に耳の掃除も行ってもらえます。
耳垢はたまると聞こえづらさの原因となりますし、無理に掻き出そうとすると、外耳や鼓膜を傷つける恐れがあります。
病院で診てもらうようにしましょう。
鼻も同様、鼻血や蓄膿症といったトラブルまで、幅広く診察してもらえます。

耳も鼻も咽喉も繋がっている為、一つの器官にトラブルが生じると他の箇所も不調が出やすくなるものですが、耳鼻咽喉科であれば総合的な治療を行ってくれるので安心です。

意外に怖い?のどの病気

のどの病気と聞いて、皆さんはどんなものをイメージしますか。
たとえば風邪をひいた際に伴う痛みや、腫れといった症状は想像できても、具体的な病名を知らないという人は案外多いでしょう。
のどの異常は、病気によって、また、その人の状態や性質にもよって、様々な現われ方をします。
たとえば急に熱を感じる程の痛みを伴ったり、異物感を感じたり、食べ物が飲み込めなくなったり、または痰に血が混じるケースも。
のどは外部からウィルスや細菌が入りやすく危険に晒されやすい部位であり、更にストレスによって炎症やポリープが発症してしまいがちです。

たかだか、のどの事だと決めつけず、何らかの異常があれば直ぐに専門科にかかるようにしましょう。


TOPへ戻る