耳・鼻・のどのエキスパート!耳鼻咽喉科の総合情報サイト

>

意外に知られていない?耳鼻咽喉科について詳しく知ろう!

耳鼻咽喉科と耳鼻科の違いって何?

耳鼻咽喉科にとても近い診療科が耳鼻科です。
風邪の場合や、耳や鼻に異常があった際には耳鼻科で診療してもらうという人もたくさんいるでしょうが、どちらにどういった違いがあるのかを知っていますか?
耳鼻科が耳と鼻の表記だけであるのに対し、耳鼻咽喉科は耳、鼻そして咽頭や喉頭(咽頭は鼻腔や口腔から、喉頭や食道へ続く器官を指します)の異常についても診察してくれます。
風邪の症状でも、のどだけが痛い時ってありますよね。
耳鼻咽喉科は耳鼻科以上にのどの異常に特化した診療科と言えます。

ただし耳鼻科であればのどの診療をしてくれない、という訳ではありません。
異常があれば大抵どこの診療科でも診察してもらえます。
表記の違いはあくまでも目安だと思って大丈夫です。

耳鼻咽喉科と内科の違い

風邪をひいた時、皆さんはどこの診療科にかかっていますか?
鼻詰まりを吸引してくれるので、耳鼻咽喉科(耳鼻科)で診てもらっているという人もいますし、風邪といえばやっぱり内科に受診するべき、という人もいるでしょう。
基本的に、診療科選びを間違ったから誤診が起こった、などという事は滅多にありません。
どの診療科でも安心して受診して頂いて結構ですが、耳鼻咽喉科の診療は、内科が聴診や触診をして診察するのと比べて、処置を中心に行う傾向にあるといえます。
内科は体全体の総合的な診察を行うのに対して、耳鼻咽喉科は頭より上の器官(耳や鼻や咽頭)を専門的に診てくれるエキスパートといえます。
鼻詰まりを解消したい、のどの痛みを直ぐにも解消したいなどの場合であれば、耳鼻咽喉科がおすすめかもしれません。


TOPへ戻る